残業代請求をするための基礎知識とポイントについて解説

パソコンの前で悩む男性

コンビニスタッフのための残業代請求の基礎知識

24時間営業のコンビニで働く場合には、シフトが複雑なので給与計算が難しくなります。そのために諸手当が未支給になるケースもあり、コンビニの正社員やアルバイトが100万円以上の残業代請求をする場合も多いです。特にフランチャイズ加盟店の場合には経営者の財務基盤が弱いので、残業代請求に対して良い回答がもらえないことも考えられます。しかし訴訟も視野に入れながら法律事務所に相談すると、コンビニ従業員の残業手当未払問題も早期に解決可能です。一人のアルバイトが昼間のシフトに入ったり深夜勤務をすることが多いので、コンビニ従業員の給与計算は非常に難しいです。したがって残業代請求時の金額を確定させるためには、弁護士をはじめとした専門家のサポートが不可欠です。メールで気軽に相談できる法律事務所であれば、勤務時間が不規則なコンビニのスタッフも利用しやすいです。そして経営者と交渉を行うときには、事前に残業の状況に関する証拠を集めることが重要です。しかしタイムレコーダーが使われていない職場の場合には、証拠の確保で難航することもよくあります。けれども残業代請求の実績が豊富な弁護士は、業務日誌などの記録も活用して交渉してくれるので安心です。

残業代請求が出来ない場合はあるのか

会社から支払われていない残業代を、法律事務所に相談して請求しようと考えている場合、気を付けたいのが、残業代請求が出来ない場合です。そもそも残業代請求が出来ない場合があるのか、と思うかもしれませんが、雇用形態や業種によっては、残業代請求が出来ない場合もあり得るのです。まず代表的なものとして、営業職の場合で見てみましょう。営業職で外回りを行う場合は、基本的に会社の外での勤務が多くなります。そのため、営業時間を正確に把握する事が困難になります。この場合は、所定労働時間を労働したものとみなす、みなし労働時間制というものが適用されます。みなし労働時間制が適正に運用されている場合は、残業代請求が出来ないこともあります。しかし、会社外の勤務であったとしても、どれだけ働いたかの労働時間の把握が困難とはいえない場合には、みなし労働時間制の適用はありませんので、残業代請求が出来ると考えられます。残業代請求が出来るか、出来ないのかの判断は、制度が適正に運用されているかによりますが、この判断は素人では大変難しいです。そのため、法令等に詳しい法律事務所に相談して判断してもらうのが一番確実です。残業代に関して、何かおかしいなと思う点や、悩みがある場合は、早めに相談して解決するようにしましょう。

学習塾講師のための残業代請求のポイント

授業以外にも生徒や保護者への対応も行う必要があるので、学習塾で講師として働く正社員は長時間労働の傾向が顕著です。しかしタイムレコーダーの電源が入っていない職場も多く、残業代請求が思うように行えないのが実情です。けれども塾業界に強い法律事務所に相談すると、過去の事例も参考にしながら的確なアドバイスをしてくれます。また悪質な場合には、裁判で残業代請求をする方法もあります。けれども同じ職場で仕事を続けながら残業代請求をするためには、最初に塾の経営者と紳士的に話し合いを進めるのが望ましいです。交渉経験が豊富な弁護士を活用するのが、話し合いによって残業代請求をするための基本です。しかし塾講師として働く正社員の多くが、これまでに弁護士を活用したことがないのが実情です。そのために労働問題に強い弁護士が見つからずに、泣き寝入りしながらサービス残業をしている人も多いです。けれども法律事務所を紹介する情報サイトを利用すると、未払いの残業問題に強い弁護士をすぐに見つけることができます。また塾の教室長のような管理職であっても、所定の労働時間を超えた残業に対しては手当てを受け取る権利があります。日ごろから勤務時間のメモなどを残しておくことが、残業代請求を円滑に進めるためのポイントです。

資料を渡す

残業代請求は2年で時効になってしまう

スマホを触る

ブラック企業やサービス残業という言葉もあるように、残業代の未払いは大きな問題になっています。残業代請求の権利は法的に認められており、泣き寝入りするのはもったいないです。ただし、残業代請求…

証拠能力の高い資料で残業代請求

紹介する女性

未払いの残業代を会社に請求するためには、その事実を自分で証明しなければいけません。事実の証明は残業代請求者の方にあり、例え会社が残業の事実を認識していたとしても開示する義務はありません。…

TOP