残業代請求をするための基礎知識とポイントについて解説

パソコンの前で悩む男性

証拠能力の高い資料で残業代請求

紹介する女性

未払いの残業代を会社に請求するためには、その事実を自分で証明しなければいけません。事実の証明は残業代請求者の方にあり、例え会社が残業の事実を認識していたとしても開示する義務はありません。
労働条件を取り交わす資料はいくつかあり、「雇用契約書」「労働契約書」といったものがあります。これらの書面には労働時間や残業に関することも記載されており、一定の証拠能力を持っています。
しかし、残業代請求においては、実際の残業時間を証明することが必要不可欠です。それを立証できる高い証拠能力を持つものとして、タイムカードや日報があります。これらの書類には、出勤や退勤の時刻が記載されているので、残業代の把握に都合が良いです。
最近では、業務連絡にメールを使用する会社も多くなりました。メールの内容によっては残業代請求の大切な資料となるので、保存しておく必要があります。特に上司からの残業指示などのメールは、証拠能力の高いものとして取り扱われます。
このように残業代請求を行うには、より確実な証拠を自分で集めなければいけません。法律事務所に相談すれば、専門的な視点から証拠能力を判断してくれます。難しい手続きにも対応しているので、残業代が支払われる可能性が高くなります。

残業代請求は2年で時効になってしまう

スマホを触る

ブラック企業やサービス残業という言葉もあるように、残業代の未払いは大きな問題になっています。残業代請求の権利は法的に認められており、泣き寝入りするのはもったいないです。ただし、残業代請求…

証拠能力の高い資料で残業代請求

紹介する女性

未払いの残業代を会社に請求するためには、その事実を自分で証明しなければいけません。事実の証明は残業代請求者の方にあり、例え会社が残業の事実を認識していたとしても開示する義務はありません。…

TOP